コーヒーを美味しく入れるため、カフェ経営を成功させるために役立つ知識、それらを効率よく学べる講座と役立つ資格についてわかりやすく解説してきます。カフェ・コーヒー資格

カフェ経営もできるかも?カフェ・コーヒー資格のおすすめサイトイメージ
MENU

コーヒー豆の焙煎とロースト具合について

コーヒー豆の焙煎とロースト具合について

1杯のコーヒーができるまでにはさまざまな行程が行われています。その中のひとつとして「焙煎」があります。

同じコーヒー豆でも焙煎の度合い、つまり、ローストの具合が違うとコーヒーの味が大きく変わってきます。つまり、同じ豆でも違う味わいを楽しむことができます

では、コーヒー豆の焙煎について詳しくみてみましょう。

コーヒー豆の「焙煎」とは?

そもそもコーヒー豆は生豆で緑色の豆をしています。コーヒーの果実から果肉と種皮を取り除いた緑色の豆・生豆を焙煎することで、わたしたちが普段目にする茶色のコーヒー豆へと変化します。

焙煎度合い、つまり、ロースト具合によって変化を楽しむことができます。コーヒーの焙煎度合いは、全部で8段階に分けられています。これを大きく分けると「浅煎り」「中煎」「深煎」の3つに分類することができます。

焙煎度合いについて

8段階に分けることができる焙煎度合いを3つに分類するできますが、どのような特徴があるのでしょうか?一般的に「浅い焙煎」のコーヒーは酸味が強く、豆本来の風味を楽しむことができます。

生豆に含まれているポリフェノールは熱に弱いので深く煎るほど減少してしまいますが、その点、浅煎り焙煎は多くのポリフェノールを含んでいます。ライトローストやシナモンローストが浅煎り焙煎になります。

「中煎り焙煎」は、酸味と苦みのバランスが保たれているので、まろやかな風味を楽しめます。中煎り焙煎はミディアムロースト、ハイロースト、シティローストがあります。

「深煎り焙煎」は、苦みとコクが強いのが特徴です。豆の内部から油分が表面にでているので豆がテカテカしています。フルシティロースト、フレンチロースト、イタリアンローストが深煎り焙煎になります。

自分の好きな焙煎度合いを見つけてみよう!

コーヒーの香りも焙煎度合いによって異なってきます。もちろん、生豆の産地や品質によっても風味は変わってきます。それは、焙煎によってコーヒー成分が化学変化を起こすからです。

したがって、コーヒーの焙煎は生豆の性質に合わせて行うことがとても大切です。さまざまな焙煎のコーヒーを試飲して、自分の好きな焙煎度合いのコーヒーを見つけてみませんか?

まとめ

焙煎度合いによってコーヒーの風味は異なります。8段階に分かれている焙煎度合いから、自分の好みをみつけて、その風味を楽しんでみませんか?


  • TOP