コーヒーを美味しく入れるため、カフェ経営を成功させるために役立つ知識、それらを効率よく学べる講座と役立つ資格についてわかりやすく解説してきます。カフェ・コーヒー資格

カフェ経営もできるかも?カフェ・コーヒー資格のおすすめサイトイメージ
MENU

コーヒー資格のメリットとデメリット

コーヒー資格のメリットとデメリット

コーヒーは、もはやわたしたちの生活に欠かすことができない飲み物のひとつとなっています。純喫茶店も流行っていますし、大手コーヒーチェーン店やコンビニエンスストアなどでも手軽に飲むことができます。

そんなコーヒーブームに伴い、コーヒー資格取得を目指している方も増えています。コーヒー資格のメリットとデメリットについてみてみましょう。

コーヒー資格のメリットとは?

コーヒー店が年々増えている一方、コーヒーに関する知識を持っている人は不足しています。そのため、コーヒー資格を保有している方は、飲食業界で有利となります。

もちろん、カフェ巡りが趣味でコーヒーについて深く知りたいがゆえに、コーヒー資格取得を目指している方も中にはいます。コーヒー資格を取得すれば、美味しいコーヒーの淹れ方をマスターできるので、趣味を極めることができるでしょう。

また、カフェ開業を目指し、コーヒー資格を取得することもできます。コーヒー豆の種類や焙煎方法などコーヒーに関する専門的な知識は、カフェを経営するうえで必要不可欠ですし、資格を保有していることでお客さんとの信頼関係を築くことができます。

コーヒー資格のデメリットとは?

コーヒー資格を取得することでデメリットはありません。しかし、資格を取得することが趣味で、たくさんの資格を取得しすぎている資格コレクターだと思われてしまうことがあります。

履歴書につながりがない分野の資格をたくさん記載することは、あまりよい印象を与えないかもしれません。

コーヒー資格の取得を目指してみよう!

コーヒー資格を取得すれば、開業する際に役立てることができますし、飲食業界で働きたい!という目標があるなら資格取得を目指すことができるでしょう。そこでおすすめなのが諒設計アーキテクトラーニングの「カフェ・コーヒーW資格取得講座」です。

この講座は、JSFCA(日本安全食料料理協会)主催の「コーヒーソムリエ」と、JSFCA(日本安全食料料理協会)主催の「カフェオーナスペシャリスト」の2つの資格取得に対応した講座内容となっています。

初心者の方でも問題なく学べるようカリキュラムが採用されているので、だれでも安心して学ぶことができます。

まとめ

コーヒー資格を取得すれば、飲食業界で働く際に有利となります。また、カフェを開業する上でも資格を活かすことができます。

さらに、カフェ巡りを趣味としている方は、趣味を極めることができるでしょう。

カフェ・コーヒー資格W取得講座


  • TOP