コーヒーを美味しく入れるため、カフェ経営を成功させるために役立つ知識、それらを効率よく学べる講座と役立つ資格についてわかりやすく解説してきます。カフェ・コーヒー資格

カフェ経営もできるかも?カフェ・コーヒー資格のおすすめサイトイメージ
MENU

コーヒーの抽出方法とコーヒーの味わい方

コーヒーの抽出方法とコーヒーの味わい方

コーヒーの抽出方法と言うと、ペーパードリップを多くの方が連想することでしょう。しかし、コーヒーの淹れ方はペーパードリップだけではありません

その種類は豊富に存在しています。では、ここで代表的なコーヒーの抽出方法と、その味わい方についてみてみましょう。

「ペーパードリップ」

コーヒーの一般的な抽出方法として、「ペーパードリップ」を挙げることができます。コーヒーペーパーは手軽に購入することができ、抽出後は簡単に捨てることもでき、最も簡単な淹れ方と言えるかもしれません。

フィルターが適度にコーヒーオイルを吸収するので、口当たりのよいスッキリした味わいを楽しむことができます。また、ペーパーはコーヒーの雑味やえぐ味を除くことができ、美味しい成分だけを抽出することができます。

ただし、新鮮なコーヒー豆の場合はコーヒーオイルをあまり抽出することができないというデメリットがあります。ペーパドリップにはさまざまな種類があり、その種類によっても風味が異なってきます。

「金属フィルター」

金属フィルターは、基本的にペーパドリップと同じコンセプトをしています。ペーパーはコーヒーオイルを吸収しますが、金属フィルターの場合はコーヒーオイルを吸収しません。

そのため、コーヒーの風味をダイレクトに味わうことができます。しかし、コーヒを抽出する際に、コーヒーの微粉も一緒に落ちてくるので、舌触りがざらつくのが特徴的となっています。

「フレンチプレス」

フレンチプレスは一定の時間、粉を湯に浸してフィルターのついたブランジャーで粉を沈め、上澄みをカップに注いで抽出する方法です。浸すことでコーヒー豆がもつ味わいをしっかり抽出することができます。

また、低温調整もすることができるので、豆の成分もしっかり抽出することができます。フィルターの目が粗いためで、油分と微粉もたっぷり混ざるので、各豆が持つ個性をしっかり味わいたい方におすすめの抽出方法となっています。

まとめ

いかがでしたか?代表的な3つの抽出方法と味わい方についてみてみましたが、コーヒーの抽出方法はまだたくさんあります。

たとえば「ネルドリップ」や「サイフォン」、「エアロプレス」、「コーヒーメーカー」などがあります。同じ豆でも抽出方法で味わいが異なりますので、さまざまな淹れ方でコーヒーを楽しむことができるのも魅力のひとつと言えます。


  • TOP