コーヒーを美味しく入れるため、カフェ経営を成功させるために役立つ知識、それらを効率よく学べる講座と役立つ資格についてわかりやすく解説してきます。カフェ・コーヒー資格

カフェ経営もできるかも?カフェ・コーヒー資格のおすすめサイトイメージ
MENU

カフェのオーナー・マスターは別人?

カフェのオーナー・マスターは別人?

カフェや喫茶店によっては「オーナー」と呼ぶところもあれば、「マスター」と呼ぶところもあります。

両者にはどのような意味があるのでしょうか?カフェのオーナーとカフェのマスターとは、別人のことなのでしょうか?詳しくみてみましょう。

「オーナー」と「マスター」の意味

正しい英語では、カフェやレストランなど事業を経営している人のことを「オーナー(owner)」と呼びます。一方、カフェやレストランなどの事業の従業員や仕事内容を管理する人のことを「マネージャー(manager)」と呼んでいます。

しかし、日本では、カフェやレストランなどのお店のオーナー(owner)やマネージャー(manager)を「マスター」と呼ぶことがあります。つまり、日本語では、オーナーもマスターも同じ意味として使用されています

カフェのオーナー・マスターの仕事とは?

カフェのオーナー・マスターと聞くと、華やかでオシャレなイメージがありますが、カフェを経営する責任者として多くの仕事があります。

それには、カフェの名前を決め、コンセプトを明確にすること、物件探し、メニュー作りと価格設定、必要な設備、内装デザイン、インテリア、仕入れ先、BGM、必要な資格取得、申請手続きなどやるべき仕事は山ほどあります。

また、開業後は、利益アップを常に目標として経営しなければいけません。ですから、カフェを開業することを検討しているなら、そのノウハウを前もって学ぶ必要があります。

「カフェオーナースペシャリスト」資格を取得しよう!

カフェ開業を考え中なら、JSFCA(日本安全食料料理協会)主催の「カフェオーナースペシャリスト」資格の取得を目指すことをおすすめします。

この資格はコーヒーについてに専門的な知識、スキル、マーケティングの基礎知識や開業計画などカフェオーナーとしてのノウハウを習得していることを認定する資格です。資格取得を目指しノウハウを学べば、カフェ経営を成功させる秘訣を習得することができ、利益アップへとつなげることができます。

カフェオーナースペシャリストは、資格試験に対している諒設計アーキテクトラーニングの「カフェ・コーヒーW資格取得講座」を受講することで、効率よくノウハウを学びながら試験勉強をすることができ、資格取得が可能です。

まとめ

カフェを開業することを考えているなら、オーナーに求められる経営する上での必要なノウハウを学ぶ必要があります。

諒設計アーキテクトラーニングの講座を受講し、効率よくノウハウを学びながら資格取得を目指してみるのはどうでしょうか?

カフェ・コーヒーW資格取得講座


  • TOP