コーヒーを美味しく入れるため、カフェ経営を成功させるために役立つ知識、それらを効率よく学べる講座と役立つ資格についてわかりやすく解説してきます。カフェ・コーヒー資格

カフェ経営もできるかも?カフェ・コーヒー資格のおすすめサイトイメージ
MENU

カフェで提供すべきメニュー

カフェで提供すべきメニュー

カフェを開業するにあたり、何をメニューとして提供すべきか悩むものです。そこで、まずどのような人をターゲットにしたいのか、という点をはっきりさせる必要があります。

それによりボリューム感のある料理を提供するか、デザート中心のメニューにするかなどが変わってくるでしょう。では、具体的に提出すべきメニューについてみてみましょう。

メニューを作成するポイントとは?

カフェを開業して成功させるためには、どのようなメニューにすべきでしょうか?カフェで提供すべきメニューを決める際には、まずカフェのコンセプトを明確にすべきです。

それによりメニューの内容が変わってくることでしょう。たとえば、飲み物に特化して食べ物を軽食にするか、ランチタイムにお客さんを狙うか、その対象は主婦か、それともサラリーマンか、季節限定メニューはどの程度提供するかなどの点について考えてみると良いでしょう。

飲み物に特化したメニューとは?

カフェで提供すべきメニューとして、飲み物があります。コーヒーや紅茶などにこだわりを持った飲み物を提供したい、と考えている方もいることでしょう。

もちろん、飲み物に特化したメニューにすることはできますが、飲み物だけでカフェを経営することは現実的にとても厳しいのが現状です。

なぜなら、一人のお客さんに対して、飲み物1杯で数時間滞在されたら、客単価を上げることはできません。また、食事メニューがないと、ランチの時間に食事をしたいサラリーマンやOLが入店することはないでしょう。

食事メニューも提供しよう!

カフェを成功させるために、飲み物に加えて軽食などの食事メニューも提供しましょう。ランチで食事を提供する場合、提供するまでの時間も考慮する必要があります。

また、飲み物と食事をセットにし、お得感が感じられるような金額を設定することで売り上げを伸ばすことができるでしょう。ボリューム感のある食事を提供すれば、男性受けし、客単価を上げることもできます。

食事のメニューを考える際には、だれをターゲットにするのか明確にしてから考えるようにしましょう。

まとめ

カフェで提供すべきメニューは、まずカフェのコンセプトを明確にする必要があります。それによって、だれをターゲットとしたカフェにするか具体的なイメージがつくので、メニューの作成がしやすくなり、カフェ開業を成功へと導きます


  • TOP