コーヒーを美味しく入れるため、カフェ経営を成功させるために役立つ知識、それらを効率よく学べる講座と役立つ資格についてわかりやすく解説してきます。カフェ・コーヒー資格

カフェ経営もできるかも?カフェ・コーヒー資格のおすすめサイトイメージ
MENU

カフェオーナースペシャリスト資格(JSFCA)

カフェオーナースペシャリスト資格(JSFCA)

カフェオーナーとして働きたい人や、飲食関係の仕事をしている人であれば、コーヒーに関する知識や技能を必要とします。

そんな人にオススメの資格が「カフェオーナースペシャリスト」(JSFCA)の資格です。詳しく見てみましょう。

「カフェオーナースペシャリスト」(JSFCA)の資格とは?

「カフェオーナースペシャリスト」は、日本安全食料料理協会(JSFCA)主催の資格(https://www.asc-jp.com/test/cafemeister.html)です。

「カフェオーナースペシャリスト」の内容は、コーヒーについての専門的な知識や技術、カフェ経営するために必要なマーケティングの基礎知識、開業計画などを理解でき、実務で活用できる技能を学びます

「カフェオーナースペシャリスト」の資格を取得できれば、コーヒーのエキスパートになることができ、カフェオーナー・カフェで仕事をする人がスキルアップに繋げることができます。

「カフェオーナースペシャリスト」(JSFCA)の資格の概要とは?

「カフェオーナースペシャリスト」の受験資格は特にない為、どなたでも自由に受験することができます。インターネットで申し込みをします。試験は、全体の70%以上の評価で合格できます。

受験料は税込みの費用で10,000円ですので、それほど高い料金ではありません。年に6回、偶数月の20~25日が試験期間になっています。在宅受験なので、試験問題と解答用紙が郵送されてきます。ですから、試験期間中に回答をし、期間内に郵送で返送します。

ただし、合格した人で合格認定証・認定カードが必要な人は、発行料としてそれぞれ5,500円が必要になります。「カフェオーナースペシャリスト」の資格を取得することで、就職活動に有利になりますし、飲食関係の種類の仕事で働いている人は、スキルアップに繋がります。

さらに、コーヒーに関するセミナーをカルチャースクールや自宅で講師活動をすることもできるので、活動の幅を広げることもできます。

「カフェオーナースペシャリスト」の資格を取得するのに良い方法

「カフェオーナースペシャリスト」の資格を取得するのに良い方法なのが、諒設計アーキテクトラーニングの「カフェ・コーヒーW資格取得講座」の通信講座や、SARAスクールジャパン「カフェオーナー資格基本・プラチナコース」です。

コーヒーの奥深い世界を楽しみながら学ぶことができます。教材セット内容にエスプレッソマシン、サイフォンが入っているのもあるので、学んだことをすぐ実践しながら学ぶことができ、資格取得を目指すことができます。

まとめ

「カフェオーナースペシャリスト」の資格を取得することで、自宅で美味しいコーヒーを楽しむことができますし、活躍の幅も広がります。この機会に「カフェオーナースペシャリスト」の資格を取得してみるのはいかがでしょうか?

カフェオーナースペシャリスト


  • TOP