コーヒーを美味しく入れるため、カフェ経営を成功させるために役立つ知識、それらを効率よく学べる講座と役立つ資格についてわかりやすく解説してきます。カフェ・コーヒー資格

カフェ経営もできるかも?カフェ・コーヒー資格のおすすめサイトイメージ
MENU

コーヒーに含まれている成分とその作用

コーヒーに含まれている成分とその作用

日常的に飲まれているコーヒーは、香りがよく、スッキリした味わいをしているので万人に好まれるドリンクとして愛飲されています。

毎日飲むコーヒーだからこそ、それに含まれている成分やその作用について知っておくことは大切です。では、コーヒーに含まれている成分とその作用についてみてみましょう。

コーヒーに含まれている成分とは?

コーヒーには多くの成分が含まれています。コーヒー豆にはビタミンB2、カリウム、ナイアシンなどの栄養素が含まれています。

コーヒーには窒素化合物やカフェイン、タンニン、クロロゲン酸、油脂、ポリフェノール、褐色色素、トリゴネリンなどの薬理作用のある成分が含まれています。

コーヒーの作用とは?

コーヒー含まれている薬理作用のある成分の中で一番作用があるのはカフェインです。カフェインには、眠気や疲労感の除去作用、思考や集中力の増加作用、利尿作用の促進、呼吸や運動機能の強化、偏頭痛の鎮痛作用などがあります。

つまり、コーヒーを飲むことでポリフェノールが活性酸素の除去を促進し、肝臓ガンや消化器官ガンなどの予防効果があります。また、血糖中のコレステロール値を下げる作用があるので動脈硬化を予防する効果もあります。

さらに、脂肪分解作用によるダイエット効果や、コーヒーの香りによる口臭予防効果なども期待できます。

コーヒーを効果的に飲もう!

さまざまな作用や効果を期待できるコーヒーから最大限の効果を得るために、効果的にコーヒーを飲む必要があります。では、どのタイミングでコーヒーを飲むと良いのでしょうか?おススメは、朝食後のタイミングです。

朝食抜きでコーヒーを飲むと胃酸で胃を傷めてしまう可能性があるので朝食後、つまり、胃に何かをとりいれた後にコーヒーを飲むことをおすすめします。そうすることで、食べたものを効率よく消化することができます。

また、コーヒーを飲んで約1時間後に運動をすると、エネルギーの消費量が増加するので効率よく脂肪を燃焼させることができ、ダイエット効果も期待することができます。

まとめ

コーヒーにはさまざまな作用があるので、多くの健康効果を期待することができます。

コーヒーを美味しく飲みながら、効果を最大限に得るために飲むタイミングに気を付けながら摂取しましょう。そして、朝食後の香り高いコーヒーで、1日を気持ちよくスタートさせましょう。


  • TOP