コーヒーを美味しく入れるため、カフェ経営を成功させるために役立つ知識、それらを効率よく学べる講座と役立つ資格についてわかりやすく解説してきます。カフェ・コーヒー資格

カフェ経営もできるかも?カフェ・コーヒー資格のおすすめサイトイメージ
MENU

コーヒーを提供する時の注意とリスクマネジメント

コーヒーを提供する時の注意とリスクマネジメント

カフェを開業を検討しているなら、利益がでるように価格を設定する必要があります。

もちろん、美味しいコーヒーなどの飲食を提供することも大切ですが、ムダなコストをかけないようにすることも経営者には求められています

では、コーヒーを提供する時、どのような点に注意する必要があるのでしょうか?

コーヒーに無駄なコストをかけないためにできることとは?

美味しいコーヒーを提供するためにはコストがかかります。しかし、無駄なコストをかけずにコーヒーを提供することも可能です。

その際に考慮すべきことは、どの品質のコーヒー豆を使用し、その品質をできるだけキープした状態で、お客さんに提供するということです。

どんなに良質なコーヒー豆を使用したとしても、抽出までのシステムが整っていないと、鮮度はドンドン落ちていきます。ですから、保管状態や保管容器、保存環境などにも注意すべきです。

カフェ開業に伴うリスクマネジメント

カフェ開業を始めるきっかけが、コーヒーが好きだったから・・という方は少なくありません。もちろん、好きなコーヒーを仕事にすることはとても大切なことですが、コーヒーが好きなだけではカフェの利益を上げることはできません

つまり、マネジメントのノウハウも学ぶ必要があります。開業前に、収支計算や準備に伴う資金調達などのマネジメントも考慮しなければなりません。

特にメニューの金額設定は、お客さんがお得と感じるような価格を設定しながら、利益がでる価格を設定する必要があります。

経営のノウハウを通信講座で学ぼう!

個人のカフェだとしても、ビジネスであることに変わりはありません。経営のノウハウを学ぶために専門の学校に通うという方法もありますが、お金はもちろん、時間や手間もかかります。

そこで、自分のペースで学ぶことができ、資格取得も目指せる「諒設計アーキテクトラーニング」の「カフェ・コーヒーW資格取得講座」がおすすめです。

コーヒーの専門的な知識とスキルを取得できるほかに、マーケティングの基礎知識や開業計画など経営者として必要な専門的な知識を習得できます。コーヒーソムリエとカフェオーナスペシャリストの2つの資格を取得することもできるおススメの講座となっています。

まとめ

コーヒーを提供するため、ビジネスのノウハウを諒設計アーキテクトラーニングの講座で学んでみるのはいかがですか?

カフェオーナとして必要なノウハウを習得することができ、経営で活かすことができる資格も取得できます。

カフェ・コーヒーW資格取得講座


  • TOP