• ホーム
  • 病気にならない体を作るために必要なこと

病気にならない体を作るために必要なこと

2019年09月10日
ワインを飲んでいる男性

生活習慣の乱れは、そのまま病気のリスクと繋がります。
月並みですが、夜更かしや暴飲暴食、アルコールの取り過ぎは危険です。
多様な生活習慣が認められる現代ですが、やはり深夜遅くまで無駄に起きている事は不眠症や肥満、うつ病、ホルモンの乱れを引き起こします。
体調不良の症状は様々です。
しかし、それが引き起こされる要因は大抵決まっています。
睡眠不足、栄養不足、過労やストレスの溜め過ぎといった生活習慣が要因であり、それらの要素を取り除く事こそが、健康管理の基本となります。
ただ早寝早寝を毎日続けていても、花粉症や喘息などは別物です。
原因物質が明確に存在している体調不良も中にはあります。
黄砂や花粉、そして中国大陸から舞い上がってくるpm2.5などは病の原因物質です。
季節風が激しく吹く季節、街にマスク姿の人々が目立ちますが、原因物質を出来る限り、避けるための防衛処置になります。
体調管理に努め、原因物質との接触を可能な限り断つ事が出来れば、個人の体調はポジティブな状態で安定します。
また日本人の考え方の中には、医薬品やサプリメントは体調不良を感じてから飲む商品、といった認識がありますが、欧米諸国では真逆です。
むしろポジティブに体調が安定している時期から、予防的に飲んでおけば、コンディションの良い状態をキープ出来ます。
コンディションを良い状態で安定させれば、仕事や勉強のパフォーマンスも落ちません。
特にサプリメントであれば個人でも普通に手に入れられます。
各種ビタミンやカルシウム、コエンザイムキューテン、亜鉛などの錠剤を普段から摂取しておけば、不足しやすい栄養素が合理的に体内に取り込めます。
最近のサプリメントは値段も安く、飲みやすく設計されています。